【導入事例】ビームテックさま

  • HOME › 
  • 【導入事例】ビームテックさま

電球・シーリングライト・蛍光灯・投光器など家庭用照明から業務用照明まで豊富なラインナップがそろったLED照明の専門店「ビームテック」
2011年楽天出店。楽天ネーションズのリーダーとしても活躍されています。

ビームテックの、吉田甚一朗さんにお話をお伺いました。

── まずはショップの紹介をお願いします。
吉田さま: 株式会社ビームテックの吉田と申します。

白熱電球からLED照明、省エネ照明と呼ばれている商材を取り扱っています。
一般家庭に普及するものから、法人様に向けに飲食店の照明や大きな機材のLEDまで幅広く取り扱っています。

── ネットショップのこだわりを教えてください。

吉田さま: ECを主体として事業が成り立っていますが、弊社は大手のメーカーさんと違ってユーザーが実際に使ってみたいと思えるような、ちょっとニッチな商品開発から行っているのが特徴です。
日本ではどこもやらないような、照明の企画・製造・販売というところにチャレンジをしている、小さいけどパワーのある会社だと自負しています。

── スマホ対策として重要視しているところはありますか?

吉田さま: スマホになるとまず画面が小さい。

画面が小さいという事は一度に見られる情報量が限られてきます。
お客さまが来てくれたページで、どれだけその商品の情報を与えられるか、店舗の情報を与えられるかが重要です。

購入してくれる確率と購入してくれない確率がありますが、購入してくれる確率を上げる施策だけでなくて、購入してくれない確率をいかに下げるかも大事。
回遊対策に関しては、ウチはかなり力を入れて取り組んでいます。

回遊のさせ方としては、バナーを動画に連動させて変更したり、同梱買いや複数セット、アップセルといったところ含めて、幅広く枝分かれするページを分かりやすく表示するようにしています。

── スマートフォンの買い回りなど回遊対策はされていますか?

吉田さま: スマホの回遊や買い回りというところは、かなり対策していて、ウチはそこで勝ってきたと思います。
ECでは商品が気に入らず離脱してしまう事がほとんどなので、そういったお客様を取りこぼさないようにする。

いろんな仕様の商品を用意をしていると分かってもらう為に、回遊導線については沢山用意しています。

── EC-UPで効果を期待しているところは、どういったところでしょうか?

吉田さま: まず、目的として離脱率を減らす事。
商品ページに来ていただいたお客さまが、もう1つ2つと商品を見ていただけるようなツールじゃないかと思っています。

── 事前アンケートにて満足と回答いただきました、特に満足している点、不満な点はどこでしょうか?

吉田さま: 満足な点は、本当に簡単に設定ができる。
担当者に何も説明せずに「これで回遊導線ができるからやっといて」と伝えただけで、本当にできていたのにビックリしました。
そこまで簡単であれば、社内リソースとして技術者や特定の人だけで行えるツールではなくて、何人かで回せるところが満足しているところです。

不満というか残念な点なのですが…
楽天の仕様になってしまうのですが、作りこんでいる商品ページほど、スペースがあいておらず、EC-UPをつける事ができずテストも出来なかった事です。

── EC-UPをお勧めするなら、どんなショップでしょうか?

吉田さま: これはアパレルですね。
アパレルで、コーディネートがあるもの。

意外に合うと思ったのは「食」ですね。「食」は好きな人の偏りがあるので、お菓子とか食品系とかは合うんじゃないかと思います。

あと僕はトレーニングをするので、サプリメントはめちゃくちゃ合うなと。
この商品と一緒に亜鉛をとらなければいけないとか、組合せでとると効果がいいので、レコメンドしてくれるとユーザー目線でありがたいと思いますね。

── 最後に、今後EC-UPではどのような進化を期待しますか?

吉田さま: できるか分からないのですが。
アパレルであれば特定の色の組合せが選ばれているといった、組合せ情報を蓄積して、ショップを横断してレコメンドしてあげると良いかと思います。

自分のショップには偏った人ばかり来てしまう傾向にあるので、EC-UPでそんな事ができれば、面白いと思います。

資料請求・無料トライアルのお申し込みはこちら
ページトップへ